« 気のみ記のまま雑記帳(12月11日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(12月12日) »

2014年12月11日 (木曜日)

読書の「ど」! 銀の匙 12(荒川弘 小学館サンデーコミックス)(12月11日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「銀の匙 12」(荒川 弘 小学館サンデーコミックス)です(感想には個人差があります)。

Cimg8806_2

(C8806

12巻では、2年生になった勇吾たちの姿が描かれています。

前巻で「会社を作る」ことにした勇吾でしたが、思っているようにはズムースには事は運びません。
そのうちに春を迎え、新入生がやってきます。馬術部にも、後輩が入ってきて、新たなスタートを切ります。
そして何をするか迷っていた勇吾でしたが、先輩が進めてきた「黒豚」を飼育する、それも敷地内の豚を放牧する「放牧豚」をすることに決めます。
季節はすすんで再びエゾノー祭りの時期を迎えます。
そして馬術部はインターハイの出場することとなり、勇吾にも重要に役割が回ってくるようですが…。

巻末の予告を見ると13巻の展開も気になります。

13巻も楽しみですね。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(12月11日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(12月12日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! 銀の匙 12(荒川弘 小学館サンデーコミックス)(12月11日):

« 気のみ記のまま雑記帳(12月11日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(12月12日) »