フォト
無料ブログはココログ

« 胃のみ記のまま雑記帳(9月1日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(9月2日) »

2014年9月 1日 (月曜日)

読書の「ど」! アヤメくんの のんびり肉食日誌 2(町 麻衣 祥伝社)(9月1日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「アヤメくんの のんびり肉食日誌 2」(町麻衣(まち・あい) 祥伝社)です(感想には個人差があります)。

Cimg8637

(C8637

某大学の生物学科が舞台の漫画です。
父親が有名考古学者で帰国子女の新一年生・菖蒲瞬(あやめ・しゅん)。ちょっと風変わりで、恐竜オタクで、好奇心旺盛…一方この研究室の先輩で2年生の椿(つばき)女史…なぜか下の名前はこの時点では開らかにされません…ひょんなことから瞬に裸を見られることとなります。そして瞬から「おっぱい触らせてください」と言われます。それにこたえて椿も「あなたの骨を見せて」と、応対したのでした。
付き合っているのかいないのか…アヤメ君と椿先輩の気持ちのすれ違いが起こります。
一方で、アヤメ君の元カノ・エリザベスが絡んできて、さらに複雑な感じを呈していきます。
アヤメ君と椿先輩の仲は、この先どうなっていくのか…

3巻も楽しみですね。

« 胃のみ記のまま雑記帳(9月1日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(9月2日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 胃のみ記のまま雑記帳(9月1日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(9月2日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック