« 気のみ記のまま雑記帳&ホッカイドウ競馬 門別 第26回 ブリーダーズゴールドカップ予想(8月14日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&ホッカイドウ競馬 門別 第26回ブリーダーズゴールドカップの結果と反省(8月15日) »

2014年8月14日 (木曜日)

サケノトモ 元祖くじら屋 鯨焼肉(8月14日)

食べない方がいいんだけど、お酒を飲むときにちょっとほしくなる「サケノトモ」。
今回は「元祖くじら屋 鯨焼肉」(岩手缶詰株式会社)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg8448


C8448

いただきます!

Cimg8453

(C8453

この「元祖くじら屋 鯨焼肉」

Cimg8449

(C8449
製造者は岩手県釜石市の「岩手缶詰株式会社」です。
缶を見ると

「鯨料理一筋の料理長が吟味した鯨肉を独自のたれに絡めて味付けした一品」とあり、「東京渋谷駅から歩いて数分の元祖くじら屋は昭和25年より操業しており、東京都内でも珍しいくじら料理専門の老舗です」と「くじら屋」についての説明があります。
また使用している鯨肉については

Cimg8451

(C)8451
「本製品は国際捕鯨取締条約に基づいて、(財)日本鯨類研究所が実施した調査捕鯨の副産物です。捕獲海域は南氷洋(WAO)、北大西洋(WNP)と缶底上段の左側に記載しております。鯨の種類は、ミンククジラ(W)、ニタリクジラ(N)、イワクジラ(I)と缶底上段の中央に記載しております」と説明があります。

Cimg8452
見てみると
(C8452
この缶は「北大西洋のミンククジラ」を使用していることがわかります。

缶を開けてみると、しょう油ベースの甘辛い味付けがされていることがわかります。
鯨肉自体にはとくに癖もなく、歯ごたえがちょうどいい感じです。何の肉か? 隠されていたら、わからないかもと思います。
ビールなどの炭酸系よりも、日本酒や焼酎に合う気がします。

|

« 気のみ記のまま雑記帳&ホッカイドウ競馬 門別 第26回 ブリーダーズゴールドカップ予想(8月14日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&ホッカイドウ競馬 門別 第26回ブリーダーズゴールドカップの結果と反省(8月15日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サケノトモ 元祖くじら屋 鯨焼肉(8月14日):

« 気のみ記のまま雑記帳&ホッカイドウ競馬 門別 第26回 ブリーダーズゴールドカップ予想(8月14日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&ホッカイドウ競馬 門別 第26回ブリーダーズゴールドカップの結果と反省(8月15日) »