« 読書の「ど」! ゴロンドリーナ 4 (えむとえす 小学館IKKIコミックス)(7月17日) | トップページ | 愛馬会26年7月度収支です(7月18日) »

2014年7月18日 (金曜日)

気のみ記のまま雑記帳(7月18日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)
仕事で寄った道の駅の自販機で購入。

Dsc_0285
自宅に持ち帰って飲んでみました。
味の方は、ちょっと甘さのきつい「オ〇ナミンC」という感じ。
こういう飲み物は、成分が似ているので、味も似るものなのですかね。

※DNA鑑定で血縁関係否定も「父子関係」…最高裁(ヨミウリオンライン 14年7月17日より)
DNA鑑定で血縁関係がないと判明した場合、法律上の父子関係を無効にd系るかどうかが争われた裁判の上告審判決で、最高裁第1小法廷は、「DNA鑑定で血縁関係が否定され、子供と一緒に生活していなくても、父子関係は無効にできない」という初の判断を示した。
一方で、5人の裁判官のうち3人が「立法による解決」を求めており、民法が想定していない事態での親子のあり方についての法整備を求めたという。
野鳥の郭公は、「托卵」といってほかの鳥の巣に卵を産んで育ててもらうことで有名です。その際に托卵された側の卵は、先に生まれた郭公の子供によって巣の外に捨てられ、その後はその本来の巣の親が、カッコウの子供に餌を与え育て続けるそうです。
もちろん、その小鳥が自分お子供だと信じての行動のようですが。
これを人間に置き換えた場合に、血縁関係があるのならば親子関係にあることはもちろんですが、血縁関係がない場合でも親子関係は築ける、あるいは築くことができると思います。
ましてや、血縁関係があっても親子関係がうまく構築できずに「児童虐待」につながる場合もあるのですから、ない場合でも親子関係が認められるのは、当然な気もします。
ですが、家族の在り方も、あるいは親子関係の在り方も多様している現状では、民法の改正、あるいは新しい事態の設定が必要だと思います。

※社民ポスター「パパは帰ってこなかった」 集団的自衛権(アサヒッドットコム 14年7月17日より)
社民党は16日、集団的自衛権の行使容認に反対を訴える新しいポスターを作った。
そのポスターには「あの日から、パパは帰ってこなかった」という少年の呟きを乗せた。
「刺激的かもしれないが、自衛隊員の方々の命、国民の命にかかわる問題だと考える」(党幹部)のが狙いらしい。
はて? 社民党、党是では自衛隊自体認めていなかったのでは? それに、自衛隊は違憲、とか言ってませんでしたっけ?
それなのに「自衛隊員の命」が失われることを心配するとは…。
なんか変ですね。

|

« 読書の「ど」! ゴロンドリーナ 4 (えむとえす 小学館IKKIコミックス)(7月17日) | トップページ | 愛馬会26年7月度収支です(7月18日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(7月18日):

« 読書の「ど」! ゴロンドリーナ 4 (えむとえす 小学館IKKIコミックス)(7月17日) | トップページ | 愛馬会26年7月度収支です(7月18日) »