フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま雑記帳 (7月17日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月18日) »

2014年7月17日 (木曜日)

読書の「ど」! ゴロンドリーナ 4 (えむとえす 小学館IKKIコミックス)(7月17日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「ゴロンドリーナ 4」(えすとえむ 小学館IKKIコミックス)です(感想には個人差があります)。

Cimg8533

(C8533

えすとえむ…このところ作品気に入って、よく読む漫画家の一人です。

「私は闘牛士になる…闘牛場で死ぬために。」
物語は、チカという女性が同性の恋人に裏切られ、その同性をうんと悲しませようと死のうと考えていたのですが、ひょんなことから闘牛士のマネージャーのような仕事をしていた男・アントニオに助けられ、闘牛士になる道を歩むこととなりました。

今巻では前巻で闘牛士としてデビューしたチカの友人・闘牛士一家のヴィセンテとの物語です。

見習い闘牛士としてその才能を発揮しつつあるヴィセンテ・カジョ。
ですが、そのデビューは彼の父であるファン・ペドロに妨害されているようなのでした。
そんなある日、ファン・ペドロとの離婚問題でこじれている妻が、「ヴィセンテはペドロとの間の子ではなく、人気闘牛士だったフランシスコとの子供だった」と暴露したのでした。
そんな仲、ヴィセンテは闘牛士としてデビューすることとなります。
そして…そのデビューの日、ヴィセンテに一大事が起こります。
ヴィセンテの身に起こったその一大事とは…。
そして、父ペドロとの関係はどうなるのか…。
最後まで目が離せません。

このさきどんな展開が待っているのか…次巻が楽しみです。

« 気のみ記のまま雑記帳 (7月17日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月18日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/59996096

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! ゴロンドリーナ 4 (えむとえす 小学館IKKIコミックス)(7月17日):

« 気のみ記のまま雑記帳 (7月17日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(7月18日) »