« 気のみ記のまま雑記帳(7月31日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(8月1日) »

2014年7月31日 (木曜日)

読書の「ど」! 神の雫 42(亜樹直 オキモトシュウ 講談社モーニングKC)(7月31日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「神の雫 42」(亜樹 直 オキモト・シュウ 講談社モーニングKC)です(感想には個人差があります)。

Cimg8654

(C8654

42巻では、41巻でワインバーの主人・藤枝のかつての恋人だった秋絵と、その秋絵が分かれた夫との再会、遠峰一青と若年性認知症に侵されているワインコレクターの娘・甘粕香花(あまかすきょうか)との関係が描かれます。

どうやら2人とも、この2人との出会いで、「最後の12番目の使徒」についてのヒントを得る物語となっています。
物語は佳境ですが、この先どんな展開になるのか?…43巻も楽しみですね…とは言ってみたものの、すでに物語は44巻で完結しているようですが…。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(7月31日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(8月1日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! 神の雫 42(亜樹直 オキモトシュウ 講談社モーニングKC)(7月31日):

« 気のみ記のまま雑記帳(7月31日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(8月1日) »