« サケノトモ ピリッとスパイシー 黒胡椒サラミ(5月13日) | トップページ | 読書の「ど」 みをつくし料理帖 想い雲(高田郁 角川春樹事務所)(5月14日) »

2014年5月14日 (水曜日)

気のみ記のまま雑記帳(5月14日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)
昨日はレイトショーで

Dsc_0088

観てきました、面白かったですが、評価は100点満点の80点というところでしょうか。

※行方不明7年、妻と会えた 認知症で徘徊、身元わからず(アサヒドットコム 14年5月13日より)
※群馬県警 迷い人手配で記載ミス 7年ぶり家族と対面の認知女性(スポニチアネックス 14年5月13日より)
11日に放送されたNHKの番組「NHKスペシャル」で取り上げられた、群馬県で7年前に保護されたものの認知症で身元不明だった女性が、東京都内の男性の妻であることが判明し、点ぶりの対面を果たした。
一方で、女性を保護した群馬県警が「迷い人手配」の際に女性の衣服に書かれていた名前を誤記載していたことも判明した。
認知症の徘徊…他人事ではありません。いつ自分の身に、家族の身に降りかかるかわかりません。
番組内でも取り上げていましたが、地域ぐるみでのサポートが必要なのではと、痛切に感じました。
でないと今回の件も、警察にのみ責任のあるような報道が見受けられます。あくまで警察も迷い人保護のサークルの一部として、機能すべきだと思います。

※美味しんぼ描写で批判続出 根本復興相「風評被害招く」(スポオニチアネックス 14年5月13日より)
小学館の「ビックコミックスピリッツ」の連載されている漫画「美味しんぼ」で、主人公らが東京電力福島第1原子力発電所訪問後に鼻血を出すなどの描写があった件で、13日根本復興相など閣僚からも批判が相次いだ。
物語の中で触れられている事象については事実かも知れませんが、いくつの事例があってのことなのか、どこの誰に取材してのことなのかをはっきりさせるべきだと思います。
そうしないと、いくら制作側が正論を述べても、情緒的な雰囲気に押されて、その声は大きくなることはないと思います。
表現の自由も大事ですが、その自由の裏側には、自由を享受するための義務やルールもあるはずで、今回の件、せっかくの問題提起であるにもかかわらず、その点があいまいなので、議論が深まることなく終わりそうな感じがするのが、危惧されるたんだと個人的には思います。

|

« サケノトモ ピリッとスパイシー 黒胡椒サラミ(5月13日) | トップページ | 読書の「ど」 みをつくし料理帖 想い雲(高田郁 角川春樹事務所)(5月14日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(5月14日):

« サケノトモ ピリッとスパイシー 黒胡椒サラミ(5月13日) | トップページ | 読書の「ど」 みをつくし料理帖 想い雲(高田郁 角川春樹事務所)(5月14日) »