« 日曜競馬の結果と反省&愛馬が出走しました(11月3日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 &金沢競馬 JBCレディスクラシック・スプリント・クラシック予想(11月4日) »

2013年11月 4日 (月曜日)

読書の「ど」! ツヅキくんと犬部のこと(下)(衿沢世衣子 原作 片野ゆか 秋田書店)(11月4日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「ツヅキくんと犬部のこと (下)」(衿沢世衣子(えりさわ・えいこ)  原作・片野ゆか 秋田書店)です(感想には個人差があります)。

Cimg7964

(C7964

上巻で卒業に向けて国家試験の勉強を始めたミヤイチ…そのミヤイチが「犬部」を始めるきっかけとなった事件について語ります。
一歩、スエ君が世話している「ビー太」のてんかんの発作は、ビー太の命を危うくさせるものとなっていきます。

ミヤイチなきあと、犬部の中心をなすはずであったスエ君…ビー太の世話にかかりきりで、犬部の手伝いができなくなっていきます。
そして、
ミヤイチさんの卒業後初めての春を迎えた「犬部」…新メンバーを加えての活動拡大でしたが、スエ君は、長年生活を共にしてきた愛犬・メイががんに侵されて、その治療に専念したいので犬部の活動から離れ、そのためにビー太の世話を引き受けたツヅキ君の家でビー太が発作で亡くなったり、犬部が保護している犬が人を噛んだりと、犬部は活動停止状態に追い込まれます。
一体どうなってしまうのか…「犬部」。

この先はどうか「下巻」をお読みになってください。

読後には、なんだかちょっと温かい感じのものが残りますよ。

|

« 日曜競馬の結果と反省&愛馬が出走しました(11月3日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 &金沢競馬 JBCレディスクラシック・スプリント・クラシック予想(11月4日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど」! ツヅキくんと犬部のこと(下)(衿沢世衣子 原作 片野ゆか 秋田書店)(11月4日):

« 日曜競馬の結果と反省&愛馬が出走しました(11月3日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 &金沢競馬 JBCレディスクラシック・スプリント・クラシック予想(11月4日) »