フォト
無料ブログはココログ

« 気のみ記のまま雑記帳 &金沢競馬 第33回白山大賞典の結果と反省(10月9日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (10月10日) »

2013年10月 9日 (水曜日)

読書の「ど」! 夜明けの図書館(埜納タオ 双葉社 JOUR COMICS)(10月9日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「夜明けの図書館」(埜納 タオ 双葉社 JOUR COMICS))です(感想には個人差があります)。

Cimg7855

(C7855

葵ひなこは、図書館司書として暁月市立図書館に勤務する図書館司書です。
そのひなこの勤務する図書館には多くの人々が訪れます。
そしてその人々は、図書館司書であるひなこたちに、さまざまなリクエストをしてきます。

たとえば、暁月市の昔の写真を探しているとか、父親からの手紙を解読すべく読解書を探しているとか、子供の「気象に関する」リクエストに対応したり、市に伝わる言い伝えについてだったりと、多岐にわたります。

ひなこ自身で解決する場合もありますし、同僚の大野や、仲間の力を借りて解決に導きます。

物語自体はほんわかとしたやわらかいタッチで進んでいきます。

読後には、なんだか温かいものが心の中に残る気がします。

« 気のみ記のまま雑記帳 &金沢競馬 第33回白山大賞典の結果と反省(10月9日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (10月10日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気のみ記のまま雑記帳 &金沢競馬 第33回白山大賞典の結果と反省(10月9日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (10月10日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック