フォト
無料ブログはココログ

« 気のみ記のまま雑記帳 (10月23日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (10月24日) »

2013年10月23日 (水曜日)

読書の「ど」! 山内一豊の妻の推理帖(鯨 統一郎 光文社文庫)(10月23日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「山内一豊の妻の推理帖」(鯨 統一郎 光文社文庫)です(感想には個人差があります)。

Cimg6876

(C6876
鯨統一郎…まったくジャンルの広い作品を書かれる方です。

織田家馬廻役で石高50石にすぎなかった山内一豊に嫁ぎ、内助の功で夫を出世させたという言い伝えのある、妻の千枝が活躍する物語です。
織田家の中で起こる様々な事件を、一豊から聞いた千枝は、一豊との「閏(やね)」の際の交わりの時に感じるインスピレーションで謎を解いて、夫に授け、夫はその謎解きを披露することで、時の権力者から信頼を得て、最後には土佐一国の主となる物語です。
実際はどうであったかは、想像に任せる以外ないのですが、このような想像の物語もできるのだなあと、感心します。
推理の方はちょっと強引かもとは思いますが、破たんなくできています。
ただ、「謎解きは閏(やね)の交わりの後で」みたいなことで、謎解きは鮮やかでも、あまりいい気持ちはしません。
物語としては、十分に楽しい出来となっています。

« 気のみ記のまま雑記帳 (10月23日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (10月24日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳 (10月23日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (10月24日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック