« 気のみ記のまま雑記帳 (7月25日) | トップページ | 読書の「ど」! 獣の奏者 Ⅲ 探究編(上橋菜穂子 講談社文庫)(7月26日) »

2013年7月25日 (木曜日)

飲み比べ 徳島珈琲 深煎り微糖 糖類50%カット(株式会社 徳島珈琲)(7月25日)

飲み比べ。今回は「徳島珈琲 深煎り微糖 糖類50%カット」(株式会社 徳島珈琲)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg5690

C5690

いただきます。

Cimg5693

(C5693

ゴクゴク…ご馳走様でした。

この「徳島珈琲 深煎り微糖 糖類50%カット」、ふと立ち寄った自販機で購入。
缶を見ると、

Cimg5692

C5692

「この1本から始まる阿波徳島スタイル」とあります。
作っているのは

Cimg5691

C5691
株式会社徳島珈琲だそうです。
缶の表面の絵は、阿波踊りの「女踊り」です。
味の方は、スダチの香りがするでもなく、半田そうめんが出てくるでもなく、フィッシュカツが出てくるでもなく、いたって普通です。
この「徳島珈琲」には、「ブラック」タイプもあるようです。

|

« 気のみ記のまま雑記帳 (7月25日) | トップページ | 読書の「ど」! 獣の奏者 Ⅲ 探究編(上橋菜穂子 講談社文庫)(7月26日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ 徳島珈琲 深煎り微糖 糖類50%カット(株式会社 徳島珈琲)(7月25日):

« 気のみ記のまま雑記帳 (7月25日) | トップページ | 読書の「ど」! 獣の奏者 Ⅲ 探究編(上橋菜穂子 講談社文庫)(7月26日) »