« 気のみ記のまま雑記帳 (3月27日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (3月28日) »

2013年3月27日 (水曜日)

飲み比べ 本家松浦酒造場 大吟醸 鳴門鯛 水月(みづき)(3月27日)

飲み比べ。今回は「株式会社 本家松浦酒造場 大吟醸 鳴門鯛 水月(みづき) アルコール度1516度未満」です(味の好みには個人差があります)。

Cimg5200

Cimg5202

(C5200

(C5202 

いただきます。

Cimg5203

(C5203

ゴクゴク…ご馳走様でした。

瓶のラベルを見ると

Cimg5201

C5201
「大吟醸「鳴門鯛水月(なるとたいみずき)」 月を映す水面のようにまろやかな味わい。甘い米の香りが心を癒す大吟醸酒です」とあります。
ちなみにこのお酒は精米歩合が50%だそうです。
日本酒というと、ちょっと癖があって飲みにくいというイメージもありますが、大吟醸のあたりまで行くと、お米で作っているはずなのに、果物様の甘い香りがします。
アルコール度か高いので、ぐびぐびというわけにはいきませんが、冷やして飲むとおいしいですね。量も500mlで、飲みきりサイズでいいですね。

この「株式会社 本家松浦酒造場」、歴史のある会社でもありますが、「超音波を使って、熱をかけずに液体を霧状にして、液体の濃度を上げる」技術の開発・研究もしていたと思います。歴史のあるところに革新もあり、というところでしょうか。

|

« 気のみ記のまま雑記帳 (3月27日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (3月28日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ 本家松浦酒造場 大吟醸 鳴門鯛 水月(みづき)(3月27日):

« 気のみ記のまま雑記帳 (3月27日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (3月28日) »