« 気のみ記のまま雑記帳 (12月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (12月8日) »

2012年12月 7日 (金曜日)

飲み比べ サントリーフーズ マウンテンデュー(12月7日)

飲み比べ。今回は「サントリーフーズ マウンテン デュー」です(味の好みには個人差があります)。

Cimg4859

Cimg4860

(C4859
C4860

いただきます。

Cimg4863

(C4863

ゴクゴク…ご馳走様でした。

この「サントリーフーズ マウンテン・デュー」、サントリのサイトで見たら

Cimg4862

(c4862
誕生は1940年代のアメリカ・テネシー州だそうです。
また「ユニークな柑橘(シトラス)系フレーバー。ごくごく飲める心地よい刺激で、のどの渇きをいやすありそうでない不思議な味わい…インパクトのあるロゴが目を引くクールなデザインが特徴。マウンテンデューは「山の雫」という意味。爽やかなおいしさを表しています」とあります。
封を開けてもとくに香りがするわけではないのですが、口に含むと、柑橘系のさっぱりした風味を感じます。
のどが渇いてると気にはゴクゴクいける感じですが、甘さがあとを引くので、本当にのどがカラカラの時には不向きかもしえません。
また、お酒の割り下にも合いそうです。

|

« 気のみ記のまま雑記帳 (12月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (12月8日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ サントリーフーズ マウンテンデュー(12月7日):

« 気のみ記のまま雑記帳 (12月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (12月8日) »