フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 気のみ記のまま雑記帳 (12月11日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (12月12日) »

2012年12月11日 (火曜日)

飲み比べ 月桂冠 京のマッコリ(12月11日)

飲み比べ。今回は「月桂冠 京のマッコリ 国産米100%使用」(リキュール アルコール度7% )です(味の好みには個人差があります)。

Cimg4877

Cimg4879

(C4877
C4879

いただきます。

Cimg4880

(C4880

ゴクゴク…ご馳走様でした。

この「月桂冠 京のマッコリ 国産米100%使用」、ラベルを見ると

Cimg4878

(c4878
「京都伏見の名水で仕込んだにごり酒。米のほのかな甘みとすっきりした、のど越しが特徴」とあります。

キャップを開け、コップに注ぐとその白さが目を引きます。
甘酒のようで、飲みやすいので、ゴクゴクいけます。

マッコリはちょっと癖のあるお酒ですが、日本酒と同じように米ベースで作られているせいか、癖も少なく、ゴクゴクいける感じです。
韓国では「韓国からのマッコリの輸出量が、日本からの日本酒の輸入量よりも多くなった」ということで「マッコリの方が優れたお酒だ」みたいな報道がありましたが、本来は、そのどちらもが優れたお酒のはずです。
米を使ったお酒造りは、ぶどう酒などの製法とは違って、でんぷんをブドウ糖にしてから発行させて作られるお酒です。
同じお米から作るお酒を飲む国どおし、どっちが優れているとかいないとかいうのはナンセンスです。

« 気のみ記のまま雑記帳 (12月11日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (12月12日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ 月桂冠 京のマッコリ(12月11日):

« 気のみ記のまま雑記帳 (12月11日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳 (12月12日) »

無料ブログはココログ