フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま(6月18日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(6月19日) »

2012年6月18日 (月曜日)

読書の「ど] 87 エイティセブン・クロッカーズ 1(二ノ宮知子 集英社ヤングジャンプコミックスX)(6月18日)

いいと思ったら、新書でも、文庫でも、マンガでも、ジャンルは問わず読む「かねとしの 読書の「ど」!」、今回は「87 エイティセブン・クロッカーズ 1」(二ノ宮 知子 集英社ヤングジャンプコミックスX)です(感想には個人差があります)。

Cimg4620

(C4620

作者は「のだめカンタービレ」などで知られた方です。
今回の物語の題材になっているのは…自作したパソコンを使って、いかに計算速度を早くさせるかという「オーバークロック」なる性能アップの事を扱ったもののようです…。
よくわかりませんが、とにかく「パソコンを早く動かすこと」に、全精力をつぎ込む人々を扱った物語です(たぶん…)。

主人公は名門音大に通いながらも将来の目的を失って周囲のやる気モード満々の雰囲気に合わせられない奏(かなで)が、ある日アパートの玄関先に裸足で立っていた「ハナ」と出会うところから始まります。
「ハナ」はオーバークロックの世界記録保持者の「MIKE」(ミケ)という男のところにいるのですが、その理由が「MIKEが一番だから」というものでした。
MIKEに液体窒素を買うために(どうやら基盤を冷やすためのもののようです…)利用されているだけの「ハナ」を見かねて(恋愛感情も多分にあるようですが)、奏は思い切って「自分が一番になったら僕と組んでくれ」といいます。
さて、奏はこの先、ハナと組むことができるのでしょうか?
「のだめ-」同様に、今回もちょっと変わった味のあるキャラクターが出てきそうです。
2
巻も楽しみです。

« 気のみ記のまま(6月18日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(6月19日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/54991687

この記事へのトラックバック一覧です: 読書の「ど] 87 エイティセブン・クロッカーズ 1(二ノ宮知子 集英社ヤングジャンプコミックスX)(6月18日):

« 気のみ記のまま(6月18日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(6月19日) »