フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

美尻時計

« 気のみ記のまま雑記帳(3月5日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(3月6日) »

2012年3月 5日 (月曜日)

飲み比べ ご当地飲料 四国の右下 すだちすい(3月5日)

飲み比べ。今回は「ご当地飲料 四国の右下 すだちすい(果汁10%未満)」(味の好みには個人差があります)。

Cimg3720
Cimg3723
(C3720
C3723

いただきます!

Cimg3724

 (C3724
ご馳走様でした!
この「ご当地飲料 四国の右下 すだちすい」、201112月に徳島県海部郡美波町で行われた「四国の右下 右上がり協議会」が開催した「食博覧会」で購入しました。
容器を見ると製造者は

Cimg3721

(C3721

「株式会社 日和佐道の駅」となっています。
瓶のラベルを見てみると

Cimg3722

C3722
「酸っぱくなく、甘くなく、口当たりよくスッキリと。徳島のおいしい水を使い、キュッと搾ったすだち果汁と、ぶどう糖果糖はちみつで作った、徳島すだちすい(水)。グラスに氷をたっぷり入れ、焼酎・すだちすぃを同量で割って飲むのはハタチから。そのまま冷やして飲むのが、これ最高」とあります。
封を開けると、スダチのいい香りがします。
180
mlで飲みきるのはちょうどいい量です。さっぱりしていて甘くなくて、ゴクゴクいけます。
確かに焼酎を割るにはいいかも知れません。

« 気のみ記のまま雑記帳(3月5日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(3月6日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70505/54143255

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ ご当地飲料 四国の右下 すだちすい(3月5日):

« 気のみ記のまま雑記帳(3月5日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(3月6日) »