« 年が明けました(1月1日) | トップページ | 飲み比べ サントリー のんある気分 ノンアルコールカクテル ソルティドッグテイスト (1月2日) »

2012年1月 2日 (月曜日)

気のみ記のまま雑記帳(1月2日)

気のみ記のまま雑記帳(意見には個人差があります)
昨日の朝はゆっくり起きたのですが、家族はもう起きていました。
テレビをつけたら「オウム真理教の平田容疑者が出頭、逮捕された」ニュースが流れていた…年の初めから大きなニュースだなぁと思いながら、早速お屠蘇もかねて…

Cimg3777
封を開けて飲みました。材料はお米だけのはずなのに、果物のようなフルーティーな香りがして、一口飲んだら、じわじわと胃に向かって流れ込んでいく感じがわかりました。
どんどん飲むという感じよりも、味わって少しずつ飲んでみたいと思わせるものでした。
もっと飲みたいけど、おいておきたいような…でも封を切りましたから、味が変わらないように数日中に飲んでしまいます…たぶん。

1日は一日中家でテレビを見ていました。とはいっても、こたつで横になって、お屠蘇のせいもあって、うとうとして、気がつけばお昼で、また寝て、気が付けば夕方でした。
夜もNHKなどの番組を見ながら、9時からは「ドリームマッチ 2012」(「トリビア」は録画しました)を見ました。
今年の優勝は「TKO 木本 渡辺直美」の組み合わせでした。個人的には、「インパルス 堤下 サンド 冨沢」の組み合わせがよかったのですが…。
以下各組合せの短評です。
「ロッチ コカド TKO 木下」組…バンジーネタ。よくできていて面白かったです。トップバッターとしては出来も上々ではなかったでしょうか。
「ロバート 山本 サバンナ 高橋」組…山本と中学生ネタ。素直にネタとして面白かった。ちょっと荒削りな感はあったけど。
「TKO 木本 渡辺直美」組…マッサージ師と客のネタ。相方が渡辺でなく、木下ならばもっと大胆にできて面白かったかも。
「インパルス 堤下 サンドウィッチマン 冨沢」組…ネタとしては漫才で、10組の中で一番面白かった。ただ、ドリームマッチでの「漫才」は評価が低すぎるような気がする。それならば、全部ネタを「コント」に限定すべきだと思う。
「ピース 又吉 森三中 黒沢」組…黒沢がちょっとネタを台無しにした感じ。もったいない。
「友近 ピース 綾部」組…温泉旅館の女将と従業員ネタ。友近のキャラが立ちすぎて、ネタ自体の生きが殺された感じ。
「ロバート 秋山 小籔」組…キングオブコントの優勝者と吉本新喜劇の座長との組み合わせ。山本のキャラが濃すぎて、小籔が生きてない感じがした。もったいない組み合わせ。
「インパルス 板倉 サンドウィッチマン  伊達」組…ネタ自体の出来もよく、見ていて素直に面白かった。流れもよくて、2番手ぐらいの出来だと思った。
「ロッチ 中岡 ロバート 馬場」組…ちょっとほかのネタに比べて落ちる感じ。ネタのつくりが浅かったからか。
「サバンナ 八木 2700 八十島・ツネ」組…歌ネタは受けやすい。技の名前の「三点包み込み」…よくわからないうちに終わってしまった。面白かったけど。

今年は正直、ネタの組み合わせもちょっと物足りない感じがした。
来年はもっと面白い組み合わせとネタが出てくることを祈ります。

|

« 年が明けました(1月1日) | トップページ | 飲み比べ サントリー のんある気分 ノンアルコールカクテル ソルティドッグテイスト (1月2日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑記帳(1月2日):

« 年が明けました(1月1日) | トップページ | 飲み比べ サントリー のんある気分 ノンアルコールカクテル ソルティドッグテイスト (1月2日) »