« 気のみ記のまま雑記帳&船橋・クイーン賞予想(12月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&船橋・クイーン賞の結果と反省(12月8日) »

2011年12月 7日 (水曜日)

四国の右下、右上がり 食の博覧会 見聞記(その2)(12月7日)

(その1からの続き)そうこうしていると、何やら緑色の頭の被り物が登場。
そう、彼が…
徳島の誇るゆるキャラ「すだち君」です!

Cimg3345_3

彼は1992年の東四国国体の徳島県のキャラクターとして考案されたものです。
彼が中央の舞台に上がりました!

Cimg3346_3

Cimg3349_2

子どもと記念撮影したり、愛嬌を振って、大活躍です!
イベントはそののちも、さまざまな団体や芸能関係の方々の出演が続きましたが、夕方の5時頃で、模擬店なども完売して、撤収が始まりだしました。
この後には、美波町赤松地区に伝わる「筒花火」の実演が待っています。
(その3に続く)

|

« 気のみ記のまま雑記帳&船橋・クイーン賞予想(12月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&船橋・クイーン賞の結果と反省(12月8日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国の右下、右上がり 食の博覧会 見聞記(その2)(12月7日):

« 気のみ記のまま雑記帳&船橋・クイーン賞予想(12月7日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳&船橋・クイーン賞の結果と反省(12月8日) »