« 気のみ記のまま雑記帳(12月22日) | トップページ | 読書の「ど」! 完全犯罪に猫は何匹必要か?(東川篤哉(ひがしがわ・とくや) 光文社文庫)(12月23日) »

2011年12月22日 (木曜日)

飲み比べ サントリー 絹の贅沢 なめらか仕立て(12月22日)

飲み比べ。今回は「サントリー 絹の贅沢 なめらか仕立て」(リキュール(発泡性)① アルコール5%)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg3185

Cimg3186

(C3185

(C3186

いただきます。Cimg3187
(C3187

ゴクゴク…ご馳走様でした。

この「サントリー 絹の贅沢 なめらか仕立て」、缶を見ると「贅沢長期熟成 アロマホップ100%」「「じっくりと丁寧に造り上げた、絹のように滑らかな味わい。当社主要新ジャンルと比べ、原材料となる発泡酒の熟成期間の基準を3割長くし、素材本来のうまみを引き出しました」とあります。
 
後口はさっぱりしていますが「絹の贅沢」というよりは「ナイロンの贅沢」という感じ。
 
やっぱり新ジャンルのものは、ビールを基準とすると、限界を感じます。似て非なるもの、というのが正直な感想です。
 
それでも値段を考えれば、上出来です。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(12月22日) | トップページ | 読書の「ど」! 完全犯罪に猫は何匹必要か?(東川篤哉(ひがしがわ・とくや) 光文社文庫)(12月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ サントリー 絹の贅沢 なめらか仕立て(12月22日):

« 気のみ記のまま雑記帳(12月22日) | トップページ | 読書の「ど」! 完全犯罪に猫は何匹必要か?(東川篤哉(ひがしがわ・とくや) 光文社文庫)(12月23日) »