« 気のみ記のまま雑記帳(10月27日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月28日) »

2011年10月27日 (木曜日)

飲み比べ 株式会社 本家松浦酒造場 すだち酒 ハイボール(10月27日)

飲み比べ。今回は「株式会社 本家松浦酒造場 すだち酒 ハイボール」(リキュール(発泡性)① アルコール分8%)です(味の好みには個人差があります)。

Cimg3033
(C3033)

Cimg3032
(C3032

Cimg3034

(C3034

いただきます。

Cimg3035
(C3035

ゴクゴク…ご馳走様でした。この「本家松浦酒造 すだち酒 ハイボール」は瓶を見るとラベルに「徳島発 すだちの国からこんにちは」とあります。
すだち、いわずと知れた徳島名産、料理のわき役でありながら、主役をも食ってしまうほどの香りを持つ柑橘系の果実です。
すだちの香りと日本酒がいい具合によくあっていて、飲みやすくなっています。
柑橘系の果物なので、グレープフルーツ様の味がします。
1本の量も250mlと、無理なく飲める飲みきりサイズ。

この「株式会社 本家松浦酒造場」、歴史のある会社でもありますが、「超音波を使って、熱をかけずに液体を霧状にして、液体の濃度を上げる」技術の開発・研究もしていたと思います。歴史のあるところに革新もあり、というところでしょうか。

|

« 気のみ記のまま雑記帳(10月27日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月28日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ 株式会社 本家松浦酒造場 すだち酒 ハイボール(10月27日):

« 気のみ記のまま雑記帳(10月27日) | トップページ | 気のみ記のまま雑記帳(10月28日) »