フォト
無料ブログはココログ

« 気のみ記のまま雑気帖&tっ安田記念ほか予想&浦和・さきたま杯、佐賀・九州ダービー栄城賞予想(5月31日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖&浦和・さきたま杯予想(6月1日) »

2011年5月31日 (火曜日)

読書の「ど」! もやしもん 10(石川雅之 講談社イブニングKC)(5月31日)

いいと思ったら新書でも文庫でもマンガでも、ジャンルは問わず読むかねとしの「読後感想文」、読書の「ど」!
今回は「もやしもん 10」(石川雅之 講談社イブニングKC)です(感想には個人差があります)。

毎回趣向を凝らした単行本の表紙です。10巻は、フランスで知り合ったワイン醸造所の娘・マリーが、日本に行く前にアメリカ観光をしていたときに、長谷川遙にしてきた一本の電話のために、我らが主人公・沢木直保らがアメリカに行くところから始まります。物語の主要な人物は次々とアメリカにやって来て物語は進行しますが、直保が日本を飛び出してアメリカに行った兄・直継にニューオーリンズで出会います。
まぁ、それ以外には物語り自体には、大きな出来事は起こりません…だって10巻は「アメリ大陸漫遊記」的な話になっていますから。
この先どんな展開になるか、11巻が待たれます。

ちなみに巻末のおまけで語られていますが、このマンガ、当初は「直保が未知の細菌Xを発見し、人類の危機に立ち向かう」というような話になる可能性もあったとか…そうならなくて良かったと思います。

« 気のみ記のまま雑気帖&tっ安田記念ほか予想&浦和・さきたま杯、佐賀・九州ダービー栄城賞予想(5月31日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖&浦和・さきたま杯予想(6月1日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 気のみ記のまま雑気帖&tっ安田記念ほか予想&浦和・さきたま杯、佐賀・九州ダービー栄城賞予想(5月31日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖&浦和・さきたま杯予想(6月1日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック