« 読書の「ど」! 宛先不明(鮎川哲也 光文社文庫)&週末競馬予想(2月22日) | トップページ | 2月24日(2月24日) »

2011年2月23日 (水曜日)

飲み比べ  キリン I.W.HARPER ハイボール(2月23日)

飲み比べ、今回は「キリン I.W.HARPER ハイボール(リキュール(発泡性)① アルコール分7%)」です(味の感じ方には個人差があります)。

Cimg2147

いただきます!!

Cimg2146

ゴクゴクゴク…ご馳走様でした!!

この「キリン I.W.HARPER ハイボール」は、製造元は千葉県にあるジャパンフーズ株式会社というところらしいです。
缶にはあまりうんちくは書かれていません。キリンのホームページで調べたら、「I.W.」というのは創業者:アイザック・ウゥルフ・バーンハイムの頭文字で、「ハーパー」というのは、その友人、フランク・ハーバーの名だそうです。
粗悪なバーボンが出回っていた時代に、品質にこだわって作り出した「I.W.ハーパー」は、 1855年に開かれた万国博覧会で金賞を受賞して、そこから「ゴールドメダル」と呼ばれるようになったそうです。
味のほうは、かなりウイスキィー感が強くて、飲んだときにはちょっとアルコール度が高い(7%)のせいもあって、抵抗感ありますけど、のんだあとはさっぱりとした後口で、逆に飲みやすいように感じます。

|

« 読書の「ど」! 宛先不明(鮎川哲也 光文社文庫)&週末競馬予想(2月22日) | トップページ | 2月24日(2月24日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ  キリン I.W.HARPER ハイボール(2月23日):

« 読書の「ど」! 宛先不明(鮎川哲也 光文社文庫)&週末競馬予想(2月22日) | トップページ | 2月24日(2月24日) »