« 2月9日(2月9日) | トップページ | 2月11日&佐賀・佐賀記念予想(2月11日) »

2011年2月10日 (木曜日)

2月10日(2月10日)

2月10日です。
昨晩放送のあった「1億人の大質問!笑ってコラえて!?」、このところ特集として取り上げている「女子新体操部の旅」、今回も、見ていて胃が痛くなるというか、目の離せない内容でした。彼女達は、本当に真剣ですね。
「星のやり取りでお金のやり取りを行う」などということの決してない、競技に真摯に真剣に取り組む姿… 八百長とやらをしてしてしまった方々にぜひとも見て欲しいものです。もちろん、八百長などしていない方々は彼女達と同じように相撲に真摯に真剣に取り組んでいる方のほうが圧倒的に多いのはわかりますが…。
硬派なコーナーのあとは「東京23区 半径300mの旅」、「日本列島 ちょっと昔の旅」では、アース・マラソンを走った間寛平もビックリの女性を取り上げるなど、なんと緩いコーナーであることか…いつ見ても飽きさせない、上手い番組構成です。

昨日も昼食は事務所でとりました…このところ外回りよりも、内勤のほうが多いのですよ…。

昨日の昼食は

でした。
いただきます!

ごちそうさまでした。完食です。

*電子制御に欠陥なし」米運輸省がトヨタ主張を全面支持(スポニチアネックス 11年2月9日より)
米国運輸省は8日、一連のトヨタ車の大規模リコールに発展した車の急加速問題について、最終調査報告書を発表したが、その中で「電子制御システムに急加速の原因となる欠陥はなかった」と結論付けた。電子系統の欠陥を一貫して側の主張を否定し続けてきたトヨタ側の主張をほぼ全面的に認めるものになった。
あれだけヒステリックになっていたのに、何が起こったのか?
合法的にトヨタのエンジン制御プログラムを「見られた」ので満足したか、あるいは対抗策を見つけられたか…かの国は、太平洋戦争中も日本軍の兵器を分析し、対抗する策を練ってきた過去がありますからね(たとえばゼロ戦に対抗すべく、バラバラに分解・組み立ててその秘密を探り、速度は遅く能力は劣ってもパイロットの命を守るという思想の基に装甲を厚く作った飛行機で見事ゼロ戦に対抗し、それ以上の成績を収めたり、「甲標的」と呼ばれた2人載りの兵器も早い段階で回収・分解・分析をしていたようです)。
*工事現場に広がる動物型バリケード 殺風景な景色が一変(アサヒドットコム 年2月9日より)
かわいらしい動物をあしらった工事現場用のバリケードが全国的に広がっているそうだ。この記事では、奈良県内のシカ型の「鹿ガード」 (http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201102090082.html)を取り上げていた。
開発したのは安全保安用品レンタルの仙台銘板という会社との事。他にも全国に同じような動物型バリケードのレンタル会社は数社あり、カエルやタヌキなどがあるそうだ。
私の見たコレも

その一つだったんですね…。

|

« 2月9日(2月9日) | トップページ | 2月11日&佐賀・佐賀記念予想(2月11日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月10日(2月10日):

« 2月9日(2月9日) | トップページ | 2月11日&佐賀・佐賀記念予想(2月11日) »