フォト
無料ブログはココログ

« 飲み比べ サントリー 余韻の贅沢 京都醸造所謹製 限定仕込(1月3日) | トップページ | 世界のバス停から 鳴門市営バス 大麻線 二番札所前バス停(1月4日) »

2011年1月 3日 (月曜日)

1月3日(1月3日)

正月休み中だというのに、珍しく早朝に目が覚めた。年末のニュースで「布団から一番出るのに時間がかからないのは徳島県人(たしか11分ほどだったかと記憶していますが)」と聞いてはいたが、それよりも早く5分ほどで布団から出た。
正月三が日の最終日、恒例の「初詣」に出かける。
他の家族もなにやら用事がそれぞれあるらしく、朝食後はいそいそとどこかにいなくなったり、家事をしているようだった。

初詣に行くのは「大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)」。この神社は、大麻比古大神と猿田彦大神の二柱の神様をお祭りする神社で、大麻比古大神は大昔に阿波国を開拓した阿波忌部氏(あわ・いんべし)大先祖の神様で、猿田彦大神は、天孫降臨の際の道案内役をつとめられた神様だそうです。
阿波国一の宮で、社格としては「国幣中社」に当たるそうです(社格制度は昭和20年廃止)。
難しいことはよくわかりませんが、大変ありがたい神様のようです。
社殿にお参りをして、今年の「交通安全お守り」を授かって、おみくじを引きます。

開けてみます…

思うところは良くなくて、そうでないところはそれなりのようです…。
神社のみくじを結ぶところに結んで帰ってきました。
帰る途中で、

階段から見えたので(もちろん作り物の馬ですが)、今年の馬券のこと、頼んできました。

« 飲み比べ サントリー 余韻の贅沢 京都醸造所謹製 限定仕込(1月3日) | トップページ | 世界のバス停から 鳴門市営バス 大麻線 二番札所前バス停(1月4日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月3日(1月3日):

« 飲み比べ サントリー 余韻の贅沢 京都醸造所謹製 限定仕込(1月3日) | トップページ | 世界のバス停から 鳴門市営バス 大麻線 二番札所前バス停(1月4日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック