フォト
無料ブログはココログ

« 1月18日&週末競馬予想(1月18日) | トップページ | 読書の「ど」! ガラスの仮面 46(美内すずえ 白泉社 花とゆめCOMICS)(1月19日) »

2011年1月19日 (水曜日)

1月19日(1月19日)

1月19日です(意見には個人差があります)。
昨日は仕事もほどほどに忙しかった。ちょっと冷え込みが収まって、車の中でも太陽が当たると、程よい温かさだった。ただ、雪の多い地方では、雪崩や屋根からの雪が崩れるといった事故も起こっているようで、雪の少ない地方に生まれたことの幸いを感じる。

18日の昼食。

ごちそうさまでした…。

*「嫌がらせで不眠症」女性教諭が児童の両親提訴(スポニチアネックス 11年1月18日より)
埼玉県内の小学校教諭が、担任している児童の両親から再三嫌がらせを受け不眠症になったとして、両親に500万円の慰謝料を求め、埼玉地裁熊谷支部に提訴していたことが分かった。
訴状によると、当該女児童と別の児童とのいさかいの対応を巡り、女児児童の母親が「当人同士の問題なのに学級の問題にされた」として抗議、その後も児童の連絡帳に教諭を侮辱する書き込みを8回したとしている。
「子供同士のいさかいに教諭が対応した、それに不服な児童の親が抗議した」ということならば、以前からあった話だと思うのですが、今はお互いの意識がちょっとずれただけで、「慰謝料を払え」「モンスター・ペアレンツ」などという言葉が飛び交います。
自分の子どもがかわいいのは分かりますが、学校で起こったことは学校で解決するのが本来の姿で、親は口出しすべきではないと思います(もちろん、客観的に見て、誰もが「不当だ」と思う事について抗議するのはこの限りではないですが)。
私が子供のころは、昭和20年代のベビー・ブーム世代である父親・母親は、人として生きていくうえで間違ったこと(うそをついたり、約束を守れなかったり、もちろん勉強が出来なかったりということも含めて)をすれば、叩いたり、怒鳴ったりする、もちろん怖い対象でしたし、「学校のセンセ」などは、それに輪をかけて怖い存在でした。
ですが今は、その頃の子どもが親になっている世代で、その世代が「ゆとり教育」とか「自由」とか言うことになれたダメ世代だし(もちろん私も含めてということになるのですが…)、先生の側も同じような状態で、「怖い存在」よりも「友達」みたいな存在のようなセンセイが増えていると聞きます。
この話、喧嘩両成敗、お互いに引き際が肝心だと、思います。

この傾向、警察官や医者にも当てはまるかも…「踊る-」や医療系のテレビドラマの影響か? 

« 1月18日&週末競馬予想(1月18日) | トップページ | 読書の「ど」! ガラスの仮面 46(美内すずえ 白泉社 花とゆめCOMICS)(1月19日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月19日(1月19日):

« 1月18日&週末競馬予想(1月18日) | トップページ | 読書の「ど」! ガラスの仮面 46(美内すずえ 白泉社 花とゆめCOMICS)(1月19日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック