« 気のみ記のまま雑気帖(10月26日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖(10月28日) »

2010年10月27日 (水曜日)

飲み比べ サントリー CHU-HI 栃木県 横山果樹園の秋梨 -196℃ こだわり果樹園(10月27日)

気のみ記のまま雑気帖。
自分で自分が「ちっせえなぁ」と思うとき。



(写真と内容は関係ありません)
仕事場の私のデスクの上には、ボックス型のティッシュ、ペンスタンドには大きめのはさみや太字・中字・細字の使い分けが出来る油性ペンや、セロテープ、ホッチキスなどがおいてあります。
別に事務所内で誰に使ってもらっても良いので、気安く「使っても良いよ」といっていたら、ある日油性ペンがなくなっていたり、はさみが使いっぱなしで違う机の上に出たままだったり、あるいは目の前に私がいるのになにも言わずにボックスティッシュからティシュを無造作に抜きさっていった奴もいました。
ちょっとむっとしたんですけど、普段から「使って良いよ」といっているから、そのままにしたんですけどね…。ですが、ある日など、出先から帰ってきたら、空っぽのボックスティシュが机の上におかれていました…その箱をたたんで「リサイクルに出さなきゃ」「自分はちょっとお人よし過ぎるのか」とか思いながら、こんなこと思う自分が「ちっせえなぁ」と思ったりしました…。

飲み比べ。今回は「サントリー CHU-HI 栃木県限定 横山果樹園の秋梨 -196℃ こだわり果樹園(リキュール(発泡性) ① 梨浸漬酒使用 アルコール分5%)です(味の感じ方には個人差があります)。

いただきます!

ゴクゴクゴク…ご馳走様でした!

この「サントリー CHU-HI 栃木県限定 横山果樹園の秋梨 -196℃ こだわり果樹園」缶を見れば「栃木県横山果樹園で育てられた幸水を使用。秋の訪れを感じさせるみずみずしく爽やかなおいしさです」と書かれています。
幸水などの「日本なし」はラ・フランスなどの「西洋梨」に比べると、加工がしにくい果物です。それはあの果皮のぶつぶつが実にもあるからです。実を煮たりしてケーキに使ったり、絞って果汁にすると、あのぶつぶつが邪魔するようです。ですがこの商品はそのあたり上手く使えているようです。
缶を空けると、プシュッと音がすると同時に、爽やかな梨の香りが広がります。味のほうは、梨独特のジューシーな感じがあって、控えめな甘さで、独特の渋み(?)が感じられますが、ゴクゴクと飲めます。ただしやはり果汁を使っているせいですか、カロリーが100mlあたり58kcal、糖類が7.03g入っています。
口当たりが良いので飲みすぎると、悪酔いするかもしれません。

|

« 気のみ記のまま雑気帖(10月26日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖(10月28日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み比べ サントリー CHU-HI 栃木県 横山果樹園の秋梨 -196℃ こだわり果樹園(10月27日):

« 気のみ記のまま雑気帖(10月26日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖(10月28日) »