フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

« 気のみ記のまま雑気帖&週末競馬予想(7月20日) | トップページ | STOP AND GO!  気のみ記のまま北海道馬紀行(その1)(7月21日) »

2010年7月21日 (水曜日)

気のみ記のまま雑気帖&愛馬会 平成22年7月度収支です(7月21日)

気のみ記のまま雑気帖(意見には個人差があります)。
*速く美しく…鳴門市が女性競艇選手の写真集(ヨミウリオンライン マネー・経済 経済ニュース 10年7月20日より)

徳島県鳴門市は、同市企業局が運営する鳴門競艇の集客力を高めるためのイメージアップ作戦として、競艇業界では初めてとなる女性ボートレーサーの写真集を29日から同競艇場のグッズ売り場などで販売すると発表した。内容は、A4版36ページで、モデルはモ-ターボート競走会徳島支部に所属する横西奏恵選手。一冊1,000円。
公営ギャンブル苦戦の中、鳴門競艇もご他聞に漏れず、昨年度2億6000万円の赤字、累積では6億8000万円の赤字を抱えている。今回の件で、少しでもそれが改善されればと思います。
話は変わりますが、公営ギャンブル、どうも情報の発信の仕方や、観客のニーズがつかみきれていない気がします。

たとえば先日行ってきた北海道帯広市営の「ばんえい競馬」。ばんえい競馬自体は力強い「ばん馬」が直線と2つの障害からなるコースを騎手と錘を乗せたそりを引くのですが、生で見ると、迫力もあって面白いのに、現状では大苦戦中とのこと。そこで助言できるならば、「発売券種の増加(3連複・3連単がない)」「単勝・複勝馬券に馬の名前を印刷するように改善(面白い馬名や応援する馬の名前の入った馬券は、来場した記念にもなるし、換金されにくいので収益につながるのでは)」「入場券(次回来場用の無料券を配っているようですが)、観光の記念になるような半券タイプのものもあっていいかもと思います)」などです。

愛馬会から平成22年7月度の計算書が送られてきた。

それによれば、
支出…22,239円(馬代金2,000円、維持会費など20,239円)

収入…64,720円(内容 ケープタウンシチー 5/2出走10着 一口637円、 エスポワールシチー 5/5かしわ記念出走1着 一口53,449円、 オデットシチー 5/2地方競馬出走1着 一口8,521円、 5/16出走5着 一口1,663円) でした。
今月は差し引きプラス42,481円でした。

今年度収支は7月度で、収入(配当金・その他)が312,502円、支出(馬代金・維持会費など)が98,390円、プラス214,112円でした。

« 気のみ記のまま雑気帖&週末競馬予想(7月20日) | トップページ | STOP AND GO!  気のみ記のまま北海道馬紀行(その1)(7月21日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 気のみ記のまま雑気帖&週末競馬予想(7月20日) | トップページ | STOP AND GO!  気のみ記のまま北海道馬紀行(その1)(7月21日) »

無料ブログはココログ