フォト
無料ブログはココログ

« 気のみ記のまま雑気帖&週末競馬、大井競馬・東京SP予想予想(4月6日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖&大井・東京SPの結果と反省(4月8日) »

2010年4月 7日 (水曜日)

気のみ記のまま雑気帖&大井・東京SP予想(4月7日)

気のみ記のまま雑気帖(意見には個人差があります)。
*中国で日本人に死刑執行 国交正常化以降初めて(ヨミウリオンライン 10年4月6日より)
*死刑執行「やむなし」の見方も…日本政府(ヨミウリオンライン 10年4月6日より)
*薬物犯罪で死刑に波紋、日弁連「厳しすぎる」(ヨミウリオンライン 10年4月6日より)

まず最初に。私個人は中国政府のやったことを肯定する気も、否定する気もありません。ですから、「親中国」でも「反中国」でもありません。そのあたりご了解ください。
中国遼寧省大連で麻薬密輸罪に問われ、09年4月に死刑判決が確定した男性に、中国政府は、6日、死刑執行を行った。

様々な意見や考え方があると思いますが、もしこの事件が、誰かの「故意」によって引き起こされ、この当該男性が無実であったするならば問題ですが、基本的には「郷に入れば郷に従え」だと思います。
現地の法律に照らしての刑の求刑・執行は、適性になされたものならば、受け入れざるを得ないと思います。それぞれの国に、それぞれの文化や社会規範があるのですから、それにあうようにしなければならないのは、当然のことだと思います。
「日本の基準からすれば厳しいという感覚を持つ人が多い」と菅財務相は3日の訪中時に温家宝首相に伝え、外務省も「薬物犯罪をめぐって海外で日本人に死刑が執行された例は聞いたことがない」としているそうですが、逆に、日本の薬物に対する刑のほうが「軽すぎる」という気も今回の件ではします。社会復帰を果たす人も多い中で、何度も繰り返したり、あるいは他人に危害を加え、人命を奪う人もいることも事実です。それを踏まえれば、ある程度中国政府側の言い分「麻薬は多くの人々に命を危険に晒す、から極刑」もって当たる」という考え方も、一理あるかと思います。
ただし、公正な裁判がなされて、受刑者の権利が侵害されない状況での裁判が行われればの話ですが。
*山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(ヨミウリオンライン 10年4月6日より)
先日のヤギの件も腹の立つ嫌な事件でしたが(http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201004040263.html)、今度は埼玉県飯能市のがけ下に、犬や猫など100匹の死体が捨てられていたことが、読売新聞の取材でわかったという。
死体は衣服などを着けたままのものも多く、ペットだったとみられ、埼玉県警は悪質なペット葬儀業者らによる不法投棄と見て、廃棄物処理法違反容疑で捜査を始めた。
まったく、いつから日本人は命を軽んじるようになったのか…最近では「コンパニオンアニマル」「伴侶動物」などといわれるペットですが、その最後がこのようでは、供養する気持ちを持った飼い主や、成仏して欲しいという気持ちを踏みにじる行為で、許されることではないと思います。
また、裏返せば今回の事件の根幹にあるのは、我々が最近「命のなくなる瞬間」、つまり「死」を上手く感じ取れていないことではないか、ということが原因ではないかと思います。たとえば、昔は普通に庭先でいるニワトリを捕まえて「〆て」肉にしていたのに、今は「食肉工場」で、我々の目に触れないで、その命を終えて「食肉」になる。熱帯魚や金魚、ブラックバスや水族館で魚を見ても、それが短冊にされて酢飯の上にのった「マグロのトロ」などと同じ命のあった「魚」であったことを感じにくくなっている。そんな感じで、「自分達が生きていくためには他の生物の命をもら得なければ生きていけない、その為に他の生物の「死」があるということなどを、具体的に感じ取れていないんだと思うんです。
そのことが、今回のような事件につながっている気がしてなりません。それに、「廃棄物処理法違反」ですか…なんとまぁ、生きものの最後は軽くなったものか。もっと他の厳罰に処せられないものですかね。
一番悪いのは「死」を、「命の最後」「尊厳あるもの」ではなく、「お金になる」「金儲け」としか考えずに、軽んじている輩がですが、我々の「死」がどんなもので、どうあるべきかということもさしおいて、なんだかわけもわからないうちに「死」を忌み嫌う様になった現状が、自らの「友達」「家族」だったペットが「どのように」死後を迎えたかさえ「人任せ」にしてしまっていることも原因だと思います。

なんだか、脈絡がなくなってしまいました…。

*2488万円! 大井競馬で公営競技市場最高払戻金(スポニチアネックス 10年4月6日より)
6日に行われた大井競馬第7Rの3連単で、1レースの配当としては中央競馬、オートレース、などを含めた国内の公営競技史上最高となる2488万720円を記録した。的中は1票。
こんな馬券的中させたら…競馬やめるかもしれません。

大井競馬・第11Rで行われる第21回東京スプリント競走の予想と買い目です。
予想馬は2番スーパーヴィグラス、4番フジノウェーブ、6番スーニ、10番ミリオンディスクで。買い目は6⇒2・4・10⇒2・4・ 10と4⇒2・6・10・⇒2・6・10で。合計12通りで。

« 気のみ記のまま雑気帖&週末競馬、大井競馬・東京SP予想予想(4月6日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖&大井・東京SPの結果と反省(4月8日) »

コメント

それでいいと思います。
ちまちまでも、大きくても、競馬は競馬。
100人100様の楽しみ方、ありですよ。

>2488万円

もし私だったら・・・・と、しばし夢見てしまいました。


競馬はやめません。
今と同じようにチマチマやっていきます(チマチマというのがイヤラシイですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑気帖&大井・東京SP予想(4月7日):

« 気のみ記のまま雑気帖&週末競馬、大井競馬・東京SP予想予想(4月6日) | トップページ | 気のみ記のまま雑気帖&大井・東京SPの結果と反省(4月8日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック