フォト
無料ブログはココログ

« 土佐の国から 2010 春 ~カクテル光線はまぶしくて~(その7)(3月25日) | トップページ | 土佐の国から 2010 春 ~カクテル光線はまぶしくて~(その8)(4月2日) »

2010年4月 1日 (木曜日)

気のみ記のまま雑気帖(4月1日)

気のみ記のまま雑気帖(意見には個人差があります)。
この間、初詣に行って、御屠蘇気分だったと思っていた正月だったのに、気がつけば、はや4月の新年度を迎えた。
職場でも私の上司の異動やら、営業所のメンバーの異動やらで、業務の引継ぎなどで、なんだか騒がしい毎日です。

で、わが社は地元にしか営業拠点がなく、今回、営業所のメンバーが他営業所への異動になったのですが(上司は親会社系の人なので県外に転出します)、そのメンバーの「送別会」を開くとのこと。同じ県内にいて、仕事であうこともあるのだから、個人的には「送別会」、なくてもいい気がするのですが、そこはそこ、大人の付き合い、大人の行動で、参加します…。ちょっと冷たいかもしれませんが、そのような気持ちです。ですから、自分のときも「送別会」も、行った先での「歓迎会」も必要なしと思ってます。ただ、退社するときはちょっとして欲しいかなぁ…などと都合のいことを思っています。

*「普天間、命がけで」首相が決意表明…党首討論(ヨミウリオンライン 10年3月31日より)
*沖縄知事、陸上案も勝連案も「全くだめ」 普天間移設(アサヒドットコム 10年3月31日より)
*「まさに失望内閣」 公明・山口氏が豹変 首相を一喝(アサヒドトコム 10年3月31日より)

鳩山首相、大きなことを言いましたね…命がけですか…本当に出来るんですかね。死んでもらわなければならないかも知れません。だって、やっと統一した政府案に地元・沖縄県知事が「だめ」を出している状況では、どんな解決策があるというのか。
公明党は、懸命な党ですね。現政権にも旧政権にも一定の距離を置いて「キャスティングボード」を握ろうと画策しているんですから、強かですね。ただし、政党としての使命は、衆院選惨敗時点で燃え尽きてしまった感があるのが、残念ですが。
*市役所の新聞購読中止を、阿久根市長が支持(ヨミウリオンライン 10年3月31日より)
鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、市役所で購読している新聞いついて、4月以降の購読契約を打ち切るように職員に指示したという。理由は「新聞はうそばかり書くので、市民に見せても仕方がない」「記事はインターネットで閲覧が可能」などと話しているそうだが、うそが書かれているか否かは、市長が決めることではなく、市民自らが決めること。その点で市長は、「自分が嫌なものは排除する」というのは、ちょっとどうかしている気がします。

« 土佐の国から 2010 春 ~カクテル光線はまぶしくて~(その7)(3月25日) | トップページ | 土佐の国から 2010 春 ~カクテル光線はまぶしくて~(その8)(4月2日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気のみ記のまま雑気帖(4月1日):

« 土佐の国から 2010 春 ~カクテル光線はまぶしくて~(その7)(3月25日) | トップページ | 土佐の国から 2010 春 ~カクテル光線はまぶしくて~(その8)(4月2日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック