フォト
無料ブログはココログ

« 今週は忙しい!? 週末の予想&JBCマイルとクラシック予想です(10月31日) | トップページ | 川崎競馬場・JBCマイル予想です(11月2日) »

2006年11月 1日 (水曜日)

南関東遠征記  ~結果はどうあれ~ (その1)(11月1日)

先日、関東方面へ出かける用事が出来た。ついでに興味のある南関東の競馬場を訪問することとした。開催の日程上、 浦和競馬と場外発売中の大井競馬場をたずねた。そのときのことを、つたない文章ではありますが、何回かに分けて出そうと思います。

 

南関東2場遠征記  ~ 結果はどうあれ…… ~

 

 平成181010日から12日までの間、 会社の社員旅行で横浜・東京方面への旅行があり、参加することにした。到着日と最終日は全体行動であるが、 3日間のうち2日目はまったくの自由行動とのことで、 かねてより行ってみたかった大井競馬場へいくという予定を立てた。しかし調べてみると、その日は開催はなく、 埼玉県の浦和競馬場での開催があると知った。私の住んでいる地域の感じからすれば、東京・大井競馬場と埼玉・ 浦和競馬場間はとんでもなく遠い気がしたが、ネットで交通機関を調べてみると、宿舎となっているホテルからは、 途中浜松町の駅を経由して、JR京浜東北線で乗り換え無しでいけることがわかり、予定に繰り込んだ。

 

 10日は晴天で、 何事もなく羽田空港着。その後全体行動で 横浜市内観光、中華街で夕食。ほろ酔い加減で徒歩で宿舎であるホテルに入り、 翌日の予定を練った。

 「最寄り駅からJR京浜東北線を利用し11時ごろまでに浦和競馬場へ。 1時ごろに同じく京浜東北線で浜松町駅へ。 そこからモノレールで、大井競馬場前下車。大井競馬場を訪問し、場外発売を利用」というのが、予定だった。

 

 ちょうどラッシュアワーをすぎた時刻であったので、比較的スムーズに乗車。車窓を眺めながら、次々と駅を通過して、 思っていたよりも早く南浦和駅着。下車後、一路浦和競馬場を目指す。駅前には浦和競馬場行きの無料バスが止まっていたのだが、 浦和の街の雰囲気を味わってみたかったので、徒歩で行くこととした。が、行けども行けども、それらしい雰囲気はない。普通ならば、 沿道には競馬関係の予想紙を売る店や、客を当て込んだ飲食店があるものだが、それらしいものは見当たらない。半ばあきらめかけたところに、 前方から浦和競馬のバスが回送になってやってきた。その方向を目指して歩いていくと、唐突に競馬場が現れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 浦和競馬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 入り口で入場券を買って、予想紙をどれにしようか覗いてどれにするか迷っていたら、売り子の女性から「どれもよく当たりますよ」 と声をかけられた。「今日はあまりあたる気がしないから」などと弱気なことを言うと。その女性は「そんな事言わず、ガンバッテ!!」 と返してくれた。その売り子さんから予想紙・Kを買って入場。ちょうど1レースが始まる前で、 パドックで馬が回っていた。「小さい!!」というのが第一印象。高知競馬のパドックも小さいが、 こちらはもう一回り小さいかもと思った。それは、観客の数が多く、狭いように感じたためだろうか。逆に言えば、 馬が身近で見られていい。スタンドはといえば、これも、正直、立派という感想はない。かなり疲れた感じだった。 高知競馬との比較で申し訳ないが、もう一段、古く感じられた。馬券発売が始まったので、購入後、馬場を見にスタンドへ。 馬場の真ん中には「ウラワケイバ」という植え込みで文字があり、正面スタンドの前には「ヘリポート(?)」がある。たしか、 ここは広域避難場所になっていたなあと、道すがら、表示を見たのを思い出した。

 

 

 

 浦和競馬 馬場です

 

 

 

 

 

気がつけば 十一月になっていた

汗ばむほどの 午後のひと時 

« 今週は忙しい!? 週末の予想&JBCマイルとクラシック予想です(10月31日) | トップページ | 川崎競馬場・JBCマイル予想です(11月2日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南関東遠征記  ~結果はどうあれ~ (その1)(11月1日):

« 今週は忙しい!? 週末の予想&JBCマイルとクラシック予想です(10月31日) | トップページ | 川崎競馬場・JBCマイル予想です(11月2日) »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック